日本人の太り方はおもに2タイプ!

日本人特有の太り方は、主に2種類といわれていますが・・・?


日本人の太り方は、

おおきく2通りに分かれると言われています。

その違いは、ぜい肉がついていく過程にアリ!


【太り方の違い】

@洋ナシ体型

上半身はそんなに太くないのに、

下半身が目だって太っているタイプ。

ふともも、ヒップ、ふくらはぎから太り始め、

徐々に上半身にもお肉がついていきます。

Aりんご体型

胴回りを中心に、全身にまんべんなくぜい肉がつくタイプ。

どちらかというと、足は全体に比べて細く、

お腹や胸から順に、腕や顔まわりにお肉がついていきます。

 

割合的に、日本人は、@の洋ナシ体型が多いのだそう。

つまり、”足やせしたい日本人がいかに多いか”ということですね。

洋ナシ体型は、几帳面な人が多く、

りんご体型は、大雑把な人が多いとのコト。

ということは、

足やせを目指す方は几帳面タイプが多いのかもしれません。

綿密な足やせスケジュール管理などに適したタイプだといえます。


洋ナシ体型さんにぴったりの足やせ法は、

あまり体温の上がり過ぎない有酸素運動!

ストレッチやヨガ、ティラピスなど、

激しすぎないゆるやかなエクササイズがオススメです。

じっくりと時間をかけて、

下半身中心の運動を心がけましょう。


また、洋ナシ体型の食の好みとして、

炭水化物よりも、味の濃いものや油っこいものを

欲する傾向があるようです。

意識して摂取量を減らしましょう。


日本人に多いタイプ、洋ナシ体型。

もし、自分が当てはまるとしても、

とくに落ち込むことはありません!!

前向きに足やせに取り組みましょう♪