足のむくみはなぜ起きる?

足やせの強敵、むくみ。そもそも、むくみとは?


「私の足、実際はこんなに太くない!!!」


と嘆きつつ、寝る前に足マッサージを始める友人。


見ると、足首周辺がパンパンにむくんで、

せっかくの足首のクビレが見当たりません。

足首が、ふくらはぎと同じ太さに変貌しています。

確か、朝には細い足だった筈なのに・・・。


むくみのために、実際よりも足が太く見えるなんて、

まったく納得のいかないハナシです。

まさに、むくみは足やせの大敵。


友人の話では、

オフィスワークで体が疲れ始める夕方から、寝るまでの間にかけて、

ずっと激しいむくみが続く、とのこと。


一般的にむくみは、『水分が溜まって起こる』とされていますが、

正しくは”水分”というより、”血しょう(血液中の液体成分)”。

それが、血管から体内ににじみ出たまま、

血中に戻ることなく、足などにとどまってしまう状態。

これが、むくみの正体です。


原因はさまざまですが、

・血行不良
・疲労
・月経前
・妊娠中
・更年期
・リンパの循環機能の低下

などが主とされています。


立ち仕事、座り仕事に関わらず、

長時間同じ体勢を続けると、

人の体は血行不良を起こします。


すると、通常なら心臓に戻ってくるはずの血液が、

足など下半身に送られたままになってしまい、

むくみが起きてしまう、というワケなんですね。
 


むくみが足やせの妨げになっているのは、明らか。

足やせのためには、むくみ対策が欠かせません。


詳しくは、『足やせ・むくみゼロ計画』の章で!!